Amazon転売で差別化して稼ぐ5の方法

マイケル
アマゾン転売を始めたけど、ライバルが多くて全然物が売れない・・
オークン
アマゾンで商品を販売する為にはライバル出品者としっかり差別化をしていかないとダメだよ!今回は差別化で稼ぐ5の方法を教えてあげるね

Amazon転売で差別化して稼ぐ5の方法

写真を撮って状態をより正確にアプローチ

アマゾンとヤフオクメルカリの徹底的な違いは写真の皆無です。

ヤフオクやメルカリなどは写真がメインで補足説明はおまけとして機能している場合が多いですね。

逆にアマゾンは商品説明のカタログの新品画像を元に判断するケースがほとんどです。

その為、実際に届いてから思った以上に使用感があった、付属品が足りなかったなんて事もアマゾンではよくあるんですね。

そういう購入者の不安な気持ちを少しでも取り除くために出品商品に写真を添付するんですね。

写真をつける事にメリットはいくつかありますが

・擦れ傷、汚れを明確に購入者に伝えられる。

文章では実際にダメージを伝えるのは中々難しいものです。

また人によって主観がありますので、出品者側と購入者側の見解が同じとは限りません。

・同じコンディションの場合、写真がある方を選ぶ。

これも購入者側の気持ちになればわかる事ですが、まったく同一のコンディションであればより明確に商品状態がわかる写真付きの方を購入する確率が上がるはずです。

・クレームや詐欺防止になる。

高額商品などの場合、購入後に中身をすり替えて返品や、中身が入っていなかったなどのクレームになる事もあります。

実際全ての商品の状態を覚えている出品者は少ないと思いますし、クレームが出た場合に証拠となるものがなく泣く泣く返金、返品となるケースも少なくありません。

そうならない為にも商品写真をきっちりとっておくと、中身はしっかりある事も照明できますし、状態を写真に残しておく事ですり替え防止にも繋がりますね。

コンディションの理由を明確に

amazonで商品販売をするとコンディションを決める事になりますね。

新品→ほぼ新品→非常に良い→良い→可となります。

基本的にはヤフオクやメルカリでよく見るジャンク扱いという項目はありません。

可=ジャンクという見解の出品者もまれにみますがクレームの元なのでおすすめできません。

コンディションも新品が一番高く右に行くにつれて値段は下がります。

購入側の気持ちになればわかりますが少しでもコンディションが良く安い商品を購入したいものですよね。

ですがコンディションが高くても、その理由が明確でないと購入側としては不安ですよね。

ほぼ新品で出品されているPS4の本体があったとしましょう。

コンディション ほぼ新品 とても綺麗です。

コンディション ほぼ新品 多少の擦れ等ございますが目立つダメージ等なく良品です。付属品も完備しており、保証期間内です。

二つのコンディションを見ただけだと一見前者の方が魅力的に見えるかもしれませんが、実際に購入に至る場合はより正確に商品状態、付属品などの事がわかる方が安心ですね。

自己発送よりFBA

FBAとはフルフィルメントbyAmazon のことでアマゾンに梱包から発送をしてもらうサービスの事です。

ある商品の出品者一覧ですが自己発送ですとprimeマークはつかず別途送料がかかるケースが多いです、もちろん送料無料で自己発送をしている出品者もいますが何よりも自己発送をする場合、送料を無料に設定されていても商品代に送料を含んでいるんですね。

また保管状態や、梱包に関しても大手ストアなどの業者を除いては素人梱包で届いたら使い古しの段ボールで新聞紙に包まれた。なんてよくある話です。

しかしFBAを使いアマゾンに梱包から発送をお願いすれ綺麗な段ボールにしっかりとした梱包で迅速に発送してくれます。

これだけでも大きなメリットですが、その他にもprimeマークはお急ぎ便に対応し購入後、翌日には商品が届いたり、ギフト梱包に対応していたりとサービスも多いんです。

なので上記の出品者一覧を見ても、価格は少し高いけれど安心感があるprime出品(FBA出品)から購入しようという人が多いんですね。

何故その値段なのかを明確に

CDなどでよくあるのが通常版と限定版

限定版はDVDがついていたり特典グッズがついていたりと

通常版とは値段が違いますよね。

それと同じで通常版でもコンディションによって値段は違います。

更に言えば付属品でも大きく値段が変わってくることがあります。

例えばシリアルコードなど、それがないと動作すらまともにしてくれない物があるかないかだと、もはや出品する意味もなくなってしまったり。

よくあるものではCDだと帯付きだと少し高く売れたりですね。

自分が出品しようとしている商品の付属品は他の出品者と同じかどうか?

取説があるかないか?ディスクに傷があるかないか?など

様々ですが希少品や、人気がある商品ほどそういった付加価値なるものが大きく上昇します。

なので出品する時は他の出品者の商品を参考にし自分の商品と似たコンディションを探し、値段の参考にすると理想ですね。

カートをとる為に最善を尽くす

カートとは商品ページのトップページに表示される事を言います。

下記の画像のようにアマゾンで商品を検索したら最初に表示される画面ですね。

言うまでもないですが、カートをとれば売れやすさは格段に上がります。

逆に言えばカートをとれていないと、購入者の目に止まる確率が格段に下がりますので購入率は下がります。

アマゾンでのカート獲得のアルゴリズムは色々な話がありますが

5年間アマゾン販売をしてきて私が思うこれは欠かせないと思うのは下記の

通りです。

まずプライム商品である事。カート取得=迅速な発送が前提

一番簡単にプライム商品にする為にはamazon商品を売ってもらう方法(FBA)を利用する事ですね。

その他にも自己出荷でも一定のルールを守ればプライムマークをつける事が可能になりますが結構大変です。

大事なのは注文確定から発送ー到着までの時間を最短にする事ですが自己出荷ですと専業でやっていない限り売れた当日にすぐ発送するというのは中々難しいですよね。

・良質な値段設定

もちろん安ければ安いほどカートをとりやすいですが、それでは利益をだしにくいです。

なので自己出荷と同じか少し高いくらいが理想かなと思います。

ライバルがいない出品物に関しては俺様価格でもカートがとれたりしますが、その辺は需要と供給で設定していきます。

在庫数、評価数、お店の信用度

カートをとっている商品の在庫を何個持っているか?

同じプライム出品者で同価格の場合はこの辺でカートの取得率が左右されているように感じます。

それらが同一の条件だった場合は一定の時間でカート取得者が交代していってるイメージですね。

まとめ Amazon転売で差別化して稼ぐ5の方法

一つだけを実践しても効果がでますが5つ全部実践する事で大きな差別化となり利益拡大が望めるはずです。

写真をとったり、コンディションへの明確な記載は手間ではありますが

少しでも売れやすくするためには必要かなと思っています。

購入側の気持ちにたって、自分が買うならどんな情報が記載していたら安心だろう?と考えてからコンディションの説明を書き、どんな写真があれば嬉しいだろう?と考えて写真を載せると売れ行きも上がるはず。

大切なのはただ出品して終わるだけではなく、売れる為の出品をしましょうという話です。

ただ出して終わりなら他の大量の出品者の中で自分の商品が埋もれてしまい、ただただ値下げ合戦をして利益縮小してしまうだけですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする