必見:せどりを始める方に、仕入先のステップアップ式 成功法

せどりをこれから始めたい、もしくはやっているけど仕入先がわからん!

と言う人に見てもらえたらと思います。

はじめに・・せどりを始めた理由

僕自身まだ、せどりを始めて5年くらいのひよっこですが

自分自身が歩んできた仕入先ルートは大まかに書いてみようかなと思いましたとさ。

まず始めたきっかけは先輩せどらーの同伴から始まります。

元々せどりって何なのか知らなかったんですが

友人から買い物したいので暇やったら手伝ってよ!給料だすからさ!

と謎のお誘いをうけ、当時お金でまぁまぁ困ってた僕は、え?いくら?いくらくれるん!

っと半ば前のめりで給料額を聞く始末(笑)

んーその日の仕入(買い物)によってまちまちやけど日当2万くらいはだすで?

ぇーえーええーえええーー!

日雇いバイトでも中々2万はもらえませんで!

そりゃもう即答で行きますの一言w

一体何を買うんだ、冷蔵庫とか大型家具とかを買って

運ぶのを手伝うんだろうとか思ってました。

だってせどりなんて知らないものですからねw

せどりって何だろう?

って方がもしいれば下記のサイトに簡単に説明しております

せどりとはなんぞや?

そして同行した先は数々のリサイクルショップやホームセンター

家電量販店等。そしてセール品や、俗にいう赤ワゴン?

(割引商品が載せられているカート)の事ですね。

その辺からかごにポンポン商品を入れていっております。

なんで同じ商品何個も買うんだろ?

と当時の僕はクエッション満載でしたが

のちに先輩から説明をうけました。

店舗では客層 人数が限られるでしょ?だからもっと人が集まるネットで売るの。

その差額で収入を得るのよ。

っと、の事でした。 まぁネットで売るっていう感覚もまったくなかったので。

イメージだけ掴んだ感じでしたね。

その日はBOX車がいっぱいになるような仕入をしていて見込み利益は20万を超えるかな?

と謎の一言で終了。

20万って月給超えてますやん・・

今日1日で月給超えるって・・なんなん?

というこは一カ月31日で1日で20万だから・・

30日自由時間ってこと?

みたいな遊びたい願望300%の僕の頭から瞬時に欲望が溢れでてきました。

一日同伴してこれなら、僕にもできると思いました。

因みに中学もまとも行ってない偏差値ナッシングの僕です。

と前置きが長くなりましたがまず最初はマーケット(売る場所を考える事から始まります)

有名どころで メルカリ アマゾン ヤフオクです。

 家の不用品まず売ってみる

ノーリスク ローリターンです。

何よりも物がお金に変わるという一連の流れを体に教えてやる必要があります。

昔使っていたけど、今では倉庫の肥やしみたいなものってありますよね。

とりあえず100円でも200円でもいいから売ってみるんです。

で物がお金に変わった瞬間の喜びを感じてください。

大抵の人はBOOKOFFやリサイクルショップに持っていってお金に換えているはずですが。

彼らも仕事ですから、500円で買い取ってもらった商品でも

お店では2倍から5倍で売られる事が多いです。

つまり自分自身でその商品を売る事ができるなら

1000円から3000円程の現金を受け取れることになるのです。

その売る労力を大変とみるのかお得と見れるのかで

せどりをやっていけるか。やっていけないかもわかります。

個人差もありますが僕自身、物を売るという事はとても好きです。

売り方ひとつで金額もまったく違ってくるし

何よりも誰でも簡単にお店を持てる時代なのに

やらないなんてもったないって思っちゃいます。

なので第1段階は不用品を売ってみようとなりました。

そこで物を売るという方法を学んで

お金に変える方法がわかれば幅広くビジネスに繋げられると思ったんです。

輸入輸出ビジネスもできますし、自分でショップを立ち上げる事もできます

小売業というのはビジネスの土台だと思っています。

物も売れるという事は情報も売れるし、必要とされることなら何でも売れる時代です。

後は売り方(マーケット)さえ、構築できれば食べていけるということですからね!

また初期投資として、梱包するためのテープや封筒なども揃える必要があります

僕が使っているリストを下の記事でまとめてますのでよろしければご覧ください

せどりで使える消耗品

 店舗せどりに移行

物の売り方を覚えたら、仕入をしてみる。

最初は何を買えばいいかわからないから

色んな店舗に出向きサーチに明け暮れて疲れはててしまう人も少なくないかもしれません。

店舗数は無限大ですので自分が好きな分野の商品を見てみるのが

苦もなく楽しんで仕入ができると思います。

玩具が好きならおもちゃ屋だし、家電が好きなら電気屋さん。

という風に、まずを価格の相場

おおよそですがをわかる必要があります。

相場は携帯のアプリなどで簡単に調べられますし

好きなものだったら自ずと価格が頭に入ってしまうものです。

まだはじめたばかりで資金力もないでしょうし

初心者だとしたらローリスクローリターンとローリスクハイリターン

の組み合わせで元手を増やしていきましょう。

薄利多売でよく売れる商品を回転させながら

売れ筋は少し悪いけど利幅が大きい商品をたまに売っていきます。

最悪売れなくてもローリスク(仕入れ値が安い)

ので赤字になるケースも少ないはずです。

電気屋 ホームセンターなどはリターンも大きいですが

新品仕入が主となるのでリスクも高めです。

(仕入価格が高くなりがちなので)

なので初めはBOOKOFFやHARDOFFなどの

リサイクルショップ(中古品)未使用含むで安く仕入れ

商品の回転サイクルを学びます。元手が1万だとして

それが現金に変わるまでのサイクルですね。

1週間で商品が現金が変わるとして、その期間内に1万までしか使えないので

うまく商品を回してその1万を2万に4万に増やしていく事が大事です。

元手が増えれば、仕入れ量も増やせるし、利益も増えていくはずです。

失敗しがちなのが最初から稼ごうとして

欲張って元手を失ってしまうパターンです。

最初の仕入で大きな失敗をしてしまうと

苦手意識がついてしまうので・・・

100円でも200円でも確実に利益を積み重ねていく事を重要です。

後は売り方次第で、その100円を300円にする事も可能だったりします。

写真の撮り方ひとつでも価値は変わってきますし

+アルファをつける事で価格を上げて売っていく方法もありますからね。

まずは利益率は少なくても元手を増やせるように

リサーチをしっかりして仕入をしていく事が重要です。

店舗せどりでのお勧め商品リストはこちら

狙い目商品リスト

 電脳仕入(ネット仕入)に移行

店舗仕入でも限界があります、家電製品などをみるとわかりやすいですが

電気屋さんの店舗とネット店舗の値段を比べてみるとネットの方が

お買い得なケースが多いですね。

つまりネットでの仕入れは人件費がかかってない分

安く販売されているのです、そしてその分価格差が生まれて仕入れする事ができるのです。

またリサーチを心行くまでできる事も強みですし

何より経費がかかりません。

店舗せどりの場合車のガソリン代や

お店まで向かう時間も、ネットだったら仕入に使えるわけです。

もちろんネットでは買えないようなお宝商品が眠っているのが店舗せどりの

楽しさでもあるのですが、効率を考え稼いでいくなら

ネット仕入を学んで行くのが、先のステップに進みやすいです。

ネットの仕入先はヤフオクやメルカリ

家電のネットモールや、セールをしている通販サイトなどが狙い目ですね。

また店舗せどりでも言える事ですが

支払いはできればクレジットカード払いが有効です。

ポイントも溜まるし お金の管理が明確です。

毎回現金だったり、振込をしていたら時間も、もったいないですからね。

ビジネスって結局は時間=お金なんです

1時間で必死に働いて稼げる額は決まっています。

内容によりますがその1時間の中で

少しでも無駄な時間を省くことで自給を少しでもあげていこうという

気持ちが大切です。

電脳仕入をする際にもっとも注意をするポイントは

  • しっかりとしたリサーチをする
  • 中古の場合、状態をしっかり確認する
  • 送料の計算を忘れない

この3点は忘れずに確認した方がいいですね!

ネット仕入は商品を実際に見て買う事ができないので

リサーチで手を抜いてしまうと痛い目を見る事が多いです。

慣れてきたらまだいいですが、最初のうちは下記の事を念入りに

調べて仕入する事をお勧めします。

価格のリサーチ 他のお店での価格調査 仕入後の純利益までの計算

  1. 商品代+送料=仕入代
  2. 仕入代ー販売手数料=粗利益
  3. 粗利益ー経費=純利益

この純利益が出るまでの期間を回転率と言います。

うまく回転させてキャッシュフローを作る事が大切です。

電脳仕入先として簡単に紹介している記事はこちら

電脳仕入法、5選

 輸入品仕入 市場 卸仕入に参入

ここまで来たら仕入スキルもついているはずです。

1点物を仕入るということは、その分の利益しか得られません。

また同じ商品を探さないといけません

逆に輸入品や市場での大量仕入れ、卸品のロット買などは

利益を確立できれば、同じ商品を売り続ける事で利益拡大が望めます。

それに他の人が売っていない物を見つけて売り出すことができれば

それはブルーオーシャンです。自分で価格を決め

利幅もコントロールできますから大幅に利益を出すことも可能です。

もちろん大量買いとなりますので失敗したときの

リスクも大きいですが成功時のリターンも大きいです。

どの段階にも言える事ですが、小売りで一番大事なのは仕入時のリサーチです。

ここで手を抜くとどこかで必ずコケマス。

まず仕入れの際

  1. どこで売るのか
  2. いくらで売るのか
  3. どうやって発送するのか
  4. 経費はいくらかかるのか
  5. ライバルはいるのか
  6. 回転率は良いのか
  7. 需要と供給はどうなのか

最低でもこれくらいは調べないと仕入には踏み出せません。

一点物の場合は売れ筋ランキングと利益率の計算ができれば、仕入る事ができますが

大量仕入れの場合はまた違ってきます。

今は売れていても、これから売れなくなる商品かもしれないし

逆のパターンもあります。

そういう意味でもしっかりとしたリサーチが必要なのです。

 個人宅買取 ショップ経営買取 1~4段階の仕入を併用

ここまで来たらもう実店舗を持って買取をしながら

販売ができるリサイクルショップを経営してもいいですし

目利きをいかして、個人宅の不用品買取をしてもいいと思います。

また学んだノウハウも使い店舗仕入電脳仕入

そして売れなくなった商品など家に眠っている商品を

まとめて売りながら回転率を上げたりと

すべて併用する事で更なる収入を望める事でしょう。

もちろん全て一人でやるのは大変です

仕入だけして売るのは外注してしまうのもいいですね。

外注手数料は業者だと少し割高ですが自分で人を雇ってしまえば

自給換算で商品を売ってもらえますので

仕事を覚えてもらえればかなりストレスフリーになるはずです。

それに自営業というのは孤独との闘いです、従業員をかかえるというのは

責任も伴いますが、良いビジネスパートナーになる事ができれば

もちーベーションUPにも繋がりますね!

また第5段階もこなせるようになったら

人にノウハウを教えて対価を得てもいいでしょうね。

この5ステップがせどりをはじめて歩んできた順番です。

もちろん人によっては前後する事もあるでしょうが

僕はこの流れでやってきたよ!

っと少しでも参考になればと思いかかせてもらいました^^

素敵な仕入 ハッピーライフを過ごせることを祈っております。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする