[個人事業主]自営業、せどりの確定申告 どこまで経費?

1年に1回毎年やってくる確定申告。

自営業の人はどこまで経費で落ちるのか?悩むポイントの一つだと思う。

私自身、確定申告の時に「これは経費?」と調べる事が多かったのでメモ的感覚で

経費にできるもの、できないものを綴ってみた。

ヒントしてもらえたら幸いです。

まず確定申告をする人はどういう人?

個人事業の場合、年間(1月1日から12月31日の間)38万円以上の利益がある方。

本業で給与を受け取っている人でも、副業としてせどりや転売などで年間20万円以上の利益がある方も確定申告が必要です。

月におおよそ3万以上の利益がある方は確定申告をしなさいという事ですね。

確定申告には2種類ありますが 大きく分けて 青色申告 白色申告

青色申告は「複式簿記もしくは単式簿記」、白色申告は「単式簿記」

青色は少し複雑ですがその分65万の控除の他、特典があります。

年間の利益が100万前後でしたら白色申告でもいいかもしれませんが個人事業としてやっていくつもりなら青色申告でしっかり節税をしていったほうが長い目でみて利益を確立できるはずです。

また商品の管理もしっかりできますしね。

原則として青色申告をしようと思ったら事前の申請が必要となってきます。

初めて青色申告の申請をする人は、その年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を納税地の所轄税務署長に提出する必要があります。

せどりはビジネスモデルとして経費として計上できるものがたくさんあります。

せどりの確定申告 これって経費?

地代家賃

せどりは物を置くための倉庫が必要ですよね?

家を事務所として使っていたり、倉庫を借りている場合、割合に応じて経費にする事が可能です。

また駐車場代も車を仕入れに使うのであれば経費計上可能です。

2部屋あって1部屋を仕事部屋(倉庫)などで使っている場合は50%を経費に計上できるという考え方です。

荷造運賃

せどりは商品を納品する為に何かと発送しますよね、これは経費として計上が可能です。

例えばamzonに納品する為の費用であったり、ヤフオクで落札されたものを送る費用ですね。

基本自己発送で送る費用は荷造運賃に計上可能です

水道光熱費

地代家賃と同じで使った分だけ割合で経費計上が可能です。

水道は仕事で使う事は少ないと思いますが、電気代は基本経費計上できると考えてOKです。

旅費交通費

仕入れや、セミナーなどに行くための交通費。

自動車の場合、自家用車でも仕事に使う場合は割合で経費計上可能です。

また仕事としてだったら旅費で使うタクシー代電車賃なども経費として計上できます。

海外で仕入れする場合 現地での宿泊代 交通費 飛行機代等、全て経費として計上できます。

通信費

インターネット代 回線費用 プロバイダー 携帯スマホ電話回線等。

自宅兼用の場合は、同じように按分で経費計上可能です。

接待交通費

仕事仲間でのご飯会、旅行など、仕事の話をしたり、打合せなどがある場合

例えば、よくあるせどり会、などお互いのノウハウを交換したり、新しい取り組みについて話し合ったりですね。

遊びで行くのではなくビジネスの話ををしに行く場合に限っては接待交通費として経費勘定が可能です。

備品、消耗品費

せどりですと梱包資材。

テープやクラフト封筒、段ボールからビニールパックなど。

その他備品ではCD DVDを研磨する機械や、バーコードリーダー、出品作業に使うスマホ代 パソコン代等も経費として計上可能です。

イメージは仕事の作業に使う前提での購入のもので10万未満のもの、また耐用年数が1年未満のものは消耗品費として計上できます。

減価償却

減価償却とは「高額なもので長期にわたって利用可能な物」を年数をかけて経費計上していく方法です。

高価なものを買っても、全額をその年の経費にはする事はできないという事ですね。

10万以上の備品、例えば仕事で使う車やパソコンや研磨機などですね。

また10万円 ~ 20万円未満のものは「一括償却資産」にする事も可能です。

「減価償却資産」とするか「一括償却資産」を選ぶかは自由に選択できます。

「一括償却資産」の場合は、ものを買った日にちや法定耐用年数に関係なく、
3年間で経費処理をします。

せどりの確定申告、まとめ。

せどりの確定申告する際に大事な事は、仕入れに行く際、お金を使う場合全て領収書、レシートなどを保管しておくことです。

またネットでの電脳仕入れなどをメインしている方は、その仕入れが証明できるデータを印刷しておくことが大切です。

そして気をつけなければいけないのが仕入れた費用=経費という訳ではありません。

実際に売れた商品に対してのみ仕入れた額を経費計上できるのです。

なので売れ残った商品に対してかかった仕入れ額は計上できず翌年に繰り越しとなるわけですね。

これが商品を扱う人なら誰もがやっている棚卸という物です。

年末の期末在庫を少しでも少なくする為に安くセールなどで売り切るのは経費で計上して少しでも節税する為ですね。

毎日仕訳をしていくのは大変ですが月に1回仕訳をしていけば年始の確定申告の時期に慌てる事もありませんね。

また翌年に焦って書類を集めるのも大変です、月事にまとめてキャッシュフローの管理をするも大切ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 分かりやすくまとめられていて勉強になります^^

    • iina117 より:

      のぶーを様
      コメントありがとうございます^^
      せどりで独立されてるんですね!素敵♪
      またHPに遊びに行かせてもらいます!